ゴルフ初心者の上達のために最も大事なこと

ゴルフ上達について一番必要なことは先入観をなくすことが一番重要です。それは頭で分かっていてもダメなもので、体自身が今までの動きを忘れる必要があります。
よく、ゴルフは子供の頃に練習すればうまくなるといいますが、子供頃というのはみなさん何も癖もなく先入観ももっておらず体が反復練習を覚え、正確のフォームを覚えていくます。しかし、大人になって始めた方は俗にいう野球打ちや見よう見まねで覚えたフォームが体に染み込んで正確なショットが打てなくなっています。これを修正するのはなかなか難しいもので、大人の凝り固まった体ではなかなか正しいフォームを覚えることは困難です。
それでもうまくなりたい場合はどうするか、正確なフォームを反復練習で体に染み込ませ、正しいフォームを体に染み付かせることです。正確なフォームを体が覚えることで、正確なショットに繋がり、そこから飛距離も伸びていきます。初心者が多く陥る大きなミスは力を入れすぎることです。ゴルフのボールは力で飛ばすものではありません。いかにドライバー、アイアンの飛距離が一番でるポイントにとまっているボールを当てることができるかです。野球のように相手が投げたボールを打つのではありません。とまっているボールにポイントを当てることが重要です。それが出来てから力を加えていけば飛距離はおのずとあがっていきます。